2022年6月3日

この数ヶ月のいろいろダダダっと。

なんと2022年も5ヶ月も経ってしまったではないかー はやっ。
1月の公演の後、何してたんだろと記憶喪失も甚だしいので振り返り。

2月は、covidでスタッフが1人いない緊急事態の中<Forêt>の公演をのりきり、
(そういえば私の膝もまだまだグラグラだったな。)
本番直前、皆いつもとちがう持ち場にいる図。






フランクの新作のレジデンスでまた新たなキャラクターたちを開拓。
これは全然関係ないけど笑。キャベツガールズ。













3月は、友人アリスの新居別邸に招かれてDieppeというノルマンディーの街へ。
寒すぎたのか、何かにあったったのか、最終日ゲーゲー海で吐く。
Dieppeの最高の海。














ジローに会いにFontainebleauにも行ったし、

















ニームでも踊ったよ。
確かこれも本番直前。衣装係のマーゴちゃん。
この日は舞台上に駆り出されてた。















それから二週間ほど日本に飛んで、
大好きなあやちゃんの結婚式に参加。
もちろん、ゆりちゃんと大号泣笑。














ぎりぎり桜も見れた。
上野公園の夜桜。
人が蟻の行列みたいに歩いてた。















4月は、いろいろあって体調が不良な日々が長かったけど、37歳になりました。
アラフォーもいいとこのアラフォーです。
誕生日に母から送られてきた、子猿時代の私。
父親の帽子はどうしたのだろう。



















そして5月のメインイベントは、カナダへ。
モントリオールから車で2時間ほどの街、Victoriavilleという街で開催される音楽フェスティバルのプログラムとしてForêtが呼ばれたので行ってきました。
大量のスーツケースと共に到着。寒い。














今回この作品初の遠距離移動だったため、すべての装置を手荷物で移動、木のコスチュームは現地で製作、、、というなかなか挑戦ありの公演だったのですが、大変だった。まぁ私はそんなに大変な立場ではないのだけれど、テクニカルチームの皆は休む暇も、タバコを吸う暇もなく、なかなかのカナダ強行突破でした。

ギリギリまで調整してくれる皆。














結果的にはどうにかなったけどねー
時差で夜中の時間に踊るのはやっぱり身体が思うように動かないのもあったし、初めましての木のコスチュームたちにやはりいつも以上に傷つけられたし笑、よりにもよって今回初の舞台監督挑戦者だったから全体的にぎこちなく、、、
やはりコンディションは大事だね。次回の勉強です。

まぁでも、We did it!!!











とはいえ、久々の遠出はやっぱり楽しかったなぁー
初のケベック州だったのもあって、見えるものとか人の感じはアメリカなのに言葉はすごく訛りの強いフランス語っていう、なんとも不思議な感覚が私にとってはワクワクでした。
まぁ街自体はそんなに面白ポイントはなかったし笑、ご飯はとにかく美味しくなかったけど笑、やっぱり知らない文化の中に入るのは楽しい。
まだまだ行きたい場所はいっぱいあるなーって思えた久々の遠出でした。
フランス語の看板。新鮮。
フランス本土では、『STOP』て英語になっちゃってる。















というわけで、なーんにも書いてなかったこの数ヶ月のいろいろダダダっとお送りしてみました笑。また書きまーす。

2022年1月31日

kara-da-kara@MCJP

あれ書こう、これ書こうと思いながら時が過ぎ、年も越して2022年。寅年。
去年はなんだかんだで夏から数ヶ月忙しく踊れて楽しかったなぁー 
まだまだコロナ禍まっしぐら、スリル満点の日々は続きそうですが、踊れる日々に感謝して今年も楽しいことがいっぱいありますようにー

年末年始は日本にイタヨ。即席鏡餅。








そんな寅年一発目は、自作のソロ<kara-da-kara>のパリ公演でした。
2020年3月Théâtre-Sénartでの公演当日に中止を言い渡されてから、ほぼ丸2年。やっとやっとの再演。

一緒に踊ってくれた電球たち。81個。














年末年始の日本での隔離中に首と腰が悲鳴をあげるし、本番2日前にまぶたの上謎のガサガサ&腫れるし、前日のゲネ中に膝をがきっとやってしまうし、え?厄年なの!?って思うくらいいろんなことがあってどうなることかと思いましたが、とにかく公演できてホッ。

公演自体も、本当にいい公演になりました。
特に2回目は、たぶん今までで一番良かったのではないかという< kara-da-kara>チーム意見。私的にもなかなか印象に残る回でした。

2回目の本番前。
置き去りにされた足。















なんなんだろうなー、あの差は。
いろんな要素がしゅっと集まった時に空気を変える力が働く感じというか、ひとつの動作で自分でも想像しなかった答えが出る瞬間というか。踊っていてそういうことを感じられる時がたまーにあるのだけど、2回目はまさにそういう回だったのです。そして、それが見てる側にも通じるっていうのを実感できたのも面白かった。

1回目のお客さんと"その感じ"が共有できなかったのは完全に私の力不足なのだけど、私の課題はソレをどうやったら毎回できるようになるのか、、、
なんとなく思ったのは、ブルースリーの「考えるな、感じろ」笑。
やっぱり最後はカラダにどこまで正直に、嘘をつかずに居れるか、、、うむ。
Mladenのいう「Processus!!!」(プロセス)ってのも同じことなんだろーなー

と、かなり抽象的な独り言になってすみません。
迷子になった方、無視してください。
お!っていう方、ヒントがあったら教えてください笑。
エッフェル塔もわからないって言ってる。


















なにはともあれ、楽しかったーーーーー
て、<楽しかった>って一言だけでは済まされない濃いい1週間だったけど、公演に向けてのストレスも、オミクロン祭のストレスも、プロとしての自分の足りなさも、踊ることの難しさも、いろーんなネガティブな面もぜーーーーんぶひっくるめても、自分にとって大事な時間になりました。

本当に、こんな機会を作ってくれたMCJPの皆さんには感謝あるのみ。
さすがの日本クオリティ対応で、何から何まで頼りに頼らせていただいてしまいました。ケータリングのお弁当とおにぎりも嬉しかったな笑。

救世主のMCJPのみなさんと、kara-da-karaチーム。
はしゃぐ私。















そしてもうひとつ、この時間を通して、この作品を再び踊ることを通して、
やっぱり自分の作品を作ることを続けよう、って思えたのも大きな気づきでした。

正直この<kara-da-kara>を作ってから、プロジェクトを立ち上げることの大変さと、作品を売ることの大変さを思い知って、まぁ< kara-da-kara >でやりたいことやったしなーと思ったりもしていたのですが、今回踊って、やっぱり自分の作品でしかできないこともあるな、と気づかされました。リハーサル、本番1回目、2回目と繰り返すうちに見えてきた踊り手としての課題もそうだし、作り手として自分がお客さんと共有したいことは、自分の方法でしか深く深く探せないのかもなぁと。

大変だけどね笑、がんばろーかねー 

今回で5冊目に突入した、カラダカラノート。
ムラダンにクリエイション始まる時に買ってもらった1冊目の
1ページ目はなんと、2016年3月!ほっほへー



















楽しかった1週間の代償で、昨日はすっかりベッドの住人でしたが、今週末はMendeという小さな街で森の住人になる予定。
ガタが来始めた身体に感謝しながら頑張ります。

ごろーさんに教えてもらった、今の私にぴったりの絵本。
ありがとう、膝さん。


2021年11月21日

馬+踊ること

書きます詐欺でツアーのこと書かないまま時が過ぎましたー
今月も引き続き公演が続いているのですが、その合間に私にしては珍しい"教え"の仕事をさせてもらう機会がありましたー

場所はここ。
どどーーーーーん。














ベルサイユ宮殿の向かい側にある、その名も”王様の馬小屋"
正にその名の通り、元々は王様の馬たちの馬小屋として使われていた施設らしいのですが、今は国立の馬術学校(ベルサイユ馬術アカデミー)・馬車の展示ギャラリーとして使われています。
週末にこのアカデミーの子達がショーをするための劇場もあり、ベルサイユ宮殿に観光にくる人々の観光ルートのひとつにもなっているとのこと。
このショーをする空間も素晴らしくかっこいいのです。

じゃじゃんっ。
ここに馬が登場しちゃうからね〜



















そんなわけで、なにがどうしてかぐるっと回って話が来て、なぜか私がこの学校でダンスのクラスをやらせてもらうことに。
馬術学校とは言っても、ここのディレクターがZingaroという騎馬オペラ?のカンパニーを主催する人ということもあって、普段から歌やダンスのレッスンがプログラムに組み込まれてるらしいので、彼女たちも基本的には踊れる馬乗りさんたち。
そんな馬乗りさんたちに何を教えるか、、、

正直教えることはあまり得意とは思ってないので、舞台の仕事よりだーーーいぶ緊張しました笑。 クラスの前に彼女たちが毎週末やっているショーの下見に行って、どんな子達なのか、何が必要そうかをある程度把握して、、、あれかなー、これかなーと考えて。初日は特に、がくがくぶるぶる出陣笑。

馬の調教してた。
あっち側に見えるのが宮殿。



















今回、何をするかあれこれ考えた末にたどり着いたのは、踊るためのツールをシェアすること。つまり、彼女たちのダンステクニックの向上を目指すクラスというより、"踊る"ということを知ってもらうクラス。
"踊る"といってもいろんな踊り方や方法があるってこと自体知らないことが多いし、振りを真似する踊りだけが踊りじゃなくて、違う方法もあるんだよーってちょっとした提案をしたかったのです。彼女たちの踊りに対するイメージとか固定概念が少しでも揺らいだら面白いかなぁと。私自身もいろんな方法を知って自分のダンスを探している節があるので、あー私にできるのはこうゆうことかなぁ、、、と。

踊ることってやっぱりなんとなく恥ずかしいことで笑、私だってただただ「踊って」と言われたら、え、なんで?となるし、やっぱり理由とか気持ちとか音楽とか、カラダを動かしたくなっちゃうほどのなにかが必要なことなんだと思う。
だからこそ、ただ踊れといわれて踊るダンスしか知らないと、なんとなく踊ることは苦手ーとか、なんでこんな動きをしなければならないんだーとか、意味がわからなーいとか、はずかしーってなるんだと思うのだけど、"踊る"方法をいくつか知ることで、それを糸口にするすると違う世界が見えてくることもあるように思う。

クラスずっと見てたニャーさん。














結果的に、今回の数回のクラスで彼女たちにどこまで響いてたかは分からないけど笑、時々ハテナ?という顔をしながらも、みんな一生懸命聞いてくれて試してくれてたし、私があーでもないこーでもないとぶつぶつ言いながらヘンテコな振りを作る様子を、次はこの人何をするんだろうって目で注意いっぱい見てくれてた。
こんな風に踊ることもあるんだなぁくらいに思ってくれてたら嬉しいなぁ。

教える立場はやっぱり慣れないし、改良の余地ありありだけど、
新しい分野の人々との出会いはやっぱり刺激的で(馬乗りさんたちほんとにかっこいい)、でも同時に自分にとっても"踊る"ってことを改めて考える良い時間でした。
この出会いに感謝あるのみ。

そしてありがたいことに、この先もたまーに伺うことになりそうです。
いつか馬に乗れたりしないかなー笑。
真っ白の馬。


















あ、このアカデミーに興味ある方、ぜひ週末のショーを見にいってみてください。
今やってる演目は年末まで続くようです。
馬術初心者としては結構見ごたえありました。