2019年9月20日

ナツ →→→ アキ

パリ→フランスの田舎→ブダペスト→東京→宇都宮→東京→名古屋→茅ヶ崎→下関→仙台→東京→宇都宮→新潟→宇都宮→パリ→フランスの海→パリ
という、気が狂ったように移動した今年の夏。

正直夜中にどこに寝てるのか分からなくなったりする時期もありましたが笑、
関東圏外の長らく会えてなかった友達にも会え、


たぶん5,6年ぶりの再会
with まなみさん+ゆあちゃん@仙台
大人を出し抜いて、可愛いポーズ決める6歳。さすが。






















状況がわけわからないけど、
我がおしゃべり友達まいちゃん@名古屋





















祖母・叔母孝行もし、
全然似てない似顔絵笑














墓参りもし、
どーした訳か、墓に似合わないヒト。


















割と多くの時間を家族と過ごし、
父の故郷・ニイガタ














今年の夏もお腹いっぱい。
やっぱり夏は好きな季節です。暑いけど。


そしてこの秋は、、、
嬉しきことに大きなフェスティバルでどどんっと踊る機会アリ。
フランスに来てから何本作品見たかなーってくらい通いに通っているFestival d'automneと、ベルギーのダンスシーンで有名なシャルロワダンスのビエンナーレ。
どちらも大きなフェスティバルだし、
個人的には、え?まじで?私?踊る?って感じですが笑、
ワクワクとドキドキとがずほーーーーんと入り混じって楽しみしかない現状です。

Festival d'automneでは、モネの睡蓮で有名なオランジュリー美術館で、Myriam Gourfinkの < Glissements > という作品を、
https://www.festival-automne.com/edition-2019/myriam-gourfink-glissements




Biennale de Charleroi Danseでは、自作のソロ< kara-da-kara >を踊ります。
https://www.charleroi-danse.be/evenement/kara-da-kara/
右のカタログはまた別の劇場のモノだけど笑。


















4月にポンピドゥーセンターで踊った4時間作品の30分バージョンと、
1月にトゥールーズのThéâtre Garonneで初演した我が新作。
数ヶ月の時を経て、またどーやって楽しめるかを捜索中。

そんなタイミングで我らが監督ムラダン(演出家)から電話でいい言葉。
「結果じゃなくて、経過を大事にしたほうがいい」
たーしーーかーにーーーー、ってすんっと納得できる言葉でした。
前に踊った時の結果だけをなぞるのじゃなくて、今の自分がまた経過を味わう。
9ヶ月越しの再演で、ぬおー、初演の時のあの感覚で踊れるのかなーと少し不安になっていた私を見抜いてる。さすがです、監督。
監督ムラダンとの音楽作ってくれた山口くん















てなわけで、フェスティバルの秋。
Glissementsの方は既にチケット完売してしまっているのですが、
ベルギーの方はまだあるはずです。お近くの方ぜひぜひ。
頑張りマーーーーーーーーース。

kara-da-kara ⓒ Pierre Ricci


2019年8月26日

だんす

ある番組を見て思うところがあったので、覚書。

大雑把には、"ダンスっていいなー"ってやつです笑。
(この度は完全にダンスの話です。夏休みの遊びっぷりはまた書きます。)

フランスの公共放送の番組で、Abou Lagraaという振付家を取り上げた番組。
フランスの人は後何日かならこのリンクから見れるかな。
https://www.france.tv/france-3/l-heure-d/
番組自体は、彼のクリエイションを追うドキュメンタリー。
フェイスブックで友人がシェアしていたので、ふと見始たのですが、んーーーなんだろう、そうそうダンスをやっていて面白いことってやっぱりそこだよな、って。
↑これだけだと、本当に訳わからないに違いないのですが、、、笑

番組の中での彼の言葉 "trouver un état de danse" (= ダンスの"状態"を探す )
少し続けると、
"Trouver un état de danse même quand on fait une arabesque ou une attitude, c'est un état, comment on entre en tant que danseur sur plateau. " (= アラベスクやアチチュードなどをしてる時もダンスの"状態"を探して。ダンサーとしてどうやって舞台に入るか) * アラベスク&アチチュード=バレエの型・動き

本当に初歩的なことだけど、本当に大事なことだと思う。
運動としてのダンスとホンモノのダンスの違いはやっぱりそこなのかな、と。
ダンスを始める時、どうしてもまずは技術としての上達が望まれる。何回回れる、とかどんだけ飛べるーとか、こんなテクニックができるーとか。
もちろんそれも大事だし、まずはそれらのベースである動きができるのはダンスの幅を広げる意味では大事なことだけど、"踊る"とはそれだけじゃない。

そして、この言葉の後に出てくる1人のダンサーのダンスに涙ポロポロ。
たぶん元々ある振付のなかで "état"(状態)を探して踊るという指示があったのだと思うのだけれど、それまでの映像の中でみるダンスとは全然違う。
踊り終わってそのダンサー号泣・振付家涙、、、
人が心を動かされるってそーゆーことだよな、
やっぱりこれがダンスだよなーーーーって嬉しい再確認でした。
とはいえ、この振付家も涙を流しながらも言っていたけど、、、
常に感情的になればいいって話ではない。
感情的に踊る、とか、入り込むとかじゃなくて、その動きの中にあるものを探す。
いい番組が見れた。満足。

ちょうど夏のバカンスに入る前に参加していたワークショップでも似たようなことを感じる機会があったのに、夏休みで飛び回って遊びまわってるうちにうっかり忘れるところだった。ダンスに心動かされるって実際すごくレアなことだけど、夏を挟んで"ダンスっていいなー"って思える、思い直せる何かに出会えてよかった。

WSでの一瞬@vatan


2019年7月8日

ちょこちょこちょこちょこ

更新しないままになってしまったので、、、
ここのところの、ちょこちょこちょこちょこ仕事。

なんだか不思議なもので、4月末までの怒涛のクリエイション続きの日々が遠い昔のように、この数ヶ月はちょこちょこちょこちょこ色んなことをしています。
なーんもないなーと思っていた日々ですが、なんだかんだなんかアル。
そして、なんだかんだ楽しんでます。

6月の頭には、思わぬきっかけでソロ emotional intelligenceを野原で踊り、
素敵なお客さん達に出会えた会。
パフォーマンス色の強いこの作品にぴったりの場でしたー














Fête de la musiqueではひょんなことから懐かしのお兄さん達と共演、
コントラバス・ケンタローさんとサックス・サトルさんとのトリオ。
なんと10年ぶりの共演。
インプロで20分、楽しかったー

















そして、昨日はあるイベントでパリ拠点の日本人ダンサーズとの楽しき共演。
笑い続けた、フラフープ部。私、一応部長。
なかなか一緒に踊る機会のない皆と踊れた。部活満喫。



















ずしーーーんと肩に荷がかかるクリエイションとはまた違ったスタンスで向き合うダンスはそれはそれで面白くて、それでも、どんな場所でも状況でも、その時その時に踊るスイッチの入る自分にへへへって思ったりなんかして、やっぱり踊るって面白いなーって実感しています。
見てくれる人の存在で、見てくれる人の違いで、やっぱり変わる。
そして、そこにどう合わせるか。何を求められるか。
どんな条件でも、どんな場所でも、それを探していたら楽しめるのかなーとも思える、このちょこちょこちょこちょこ期間です。

そーこーしているうちにあっという間にナーツーダーーー。
この夏は、あと数週間こちらをふらふらした後、日本です。
今回は完全に家族行事メインですが、日本の湿気カモーーーン。
都合が合いそうな皆さまカモーーーン。
どんな形でか、お会いできるのを楽しみに。

へへへへっへ