2021年5月7日

選ぶこと

あの時ああしておけば、って事って、みんなそれぞれあると思う。
いい方向にでも、悪い方向にでも、
一つの選択で人生変わってただろうなぁとか、
後から思うと分岐点だったようなことって皆ぽろぽろあるんじゃないかなー

近所で見つけた途中で分岐してるサクラ。



















急にどーしたって話ですが笑、思ったことがあったので書いてみます。

つい最近、もう気づけば10年近く前にオーディションを受けて、いいところまで行って、チャンスを逃したカンパニーの作品の動画配信を見た。
動画の中で踊っているダンサーの中には、その時一緒にオーディションを受けていた子たちも居て、懐かしいなぁ、なんだか遠い人々だなぁって眩しい目でみていたのだけれど、ふと、、、あの時このカンパニーに受かっていたら全然違うダンサー人生送ってただろうなぁってことが頭をよぎる。
よかったのか?悪かったのか?

正直なところ、最終オーディションの後のワークショップに行けなかったこと、無理くりにでも行く選択をしなかったこと、その他諸々それに付随すること笑、を私にしては珍しく長らく後悔していたのだけれど、はて今、動画の中で踊るダンサーズを見ながら <もしもの自分> を想像してみると、不思議なものでその自分にあまり魅力を感じられないことに気づく。
というか、もしそっちの道を進んでいたらあの仕事もこの仕事もできなかったのか、、、と、この数年してきた仕事をしなかったことを想像すると寂しいな、と。

これ、今の自分の形?笑 with母














今こんな風に思えるのは、今の自分の形にそれなりに満足していて、且つこれまでしてきた仕事が楽しかったからなのだと思うのだけれど、同時にあぁあの時の分かれ道は必然だったんだなとも思う。
あの時選んだのは、いくら小さい機会だったとはいえ自分の作品の上演で、それは今の活動にも少なからず繋がっている。もちろん別の道のことは実際に通ってみないと分からないことだけど、今の自分の道にたどり着くにはあの時にこっちの道に進んでいなかったらなかっただろうなーなんて思う。

なんだか運命の分かれ道みたいな話になってるけど、なんだかんだ考えた末に結局のところ思ったのは、大事なのはどの道を選ぶかよりも、選んだ道・与えられた道をどうやって充実させていくかってことなのかもしれないな、てのが結論。
うねうねうねうね、すみません笑。

最近美味しく食べたタコ。足がいっぱい羨ましい。



















ちょうど今色んな選択を迫られていて、まさに怒涛の取捨選択時期なのだけど、
ぬおーーー決められない、手放せないって唸っていたことも、
あーこういう事って、もしかしたら今の自分が思ってるみたいに、どのタイミングでか少しは後悔することがあるとしても、ちゃんとその道を充実させていたら10年後とか20年後とかには"この道でよかった"って思えるもんなのかもしれないなぁと思えて、少し気が楽になった。

勿論慎重に選ぶことも大事だけど、もっと大事なのはその後なのかもねー
と、こんなことを考えた最近でした。

そしてそして最近のこちらの状況は、ワクチン接種が少しずつ進んでいるお陰で、長かったロックダウンも少しずつ解除されていくプランが発表され、ついに5月19日には劇場も再開予定です。
劇場だけじゃなくて美術館とかレストランやバーののテラス席もこの日に解禁。
どうかみんながハメを外しすぎません用に。
そして、どうかこのまま抜け出せますように。

願う!


2021年3月22日

KAMi

自作ソロ、KAMi。
もう10年くらい前に作った作品ですが、なんとなくフルバージョン公開。

この動画は、2012年のトヨタコレオグラフィーアワードのファイナリストとして、
世田谷パブリックシアターで踊ったものなのですが、こんな地味なソロを世田パブで踊っていたのか!!!とびっくり笑。
舞台道具、靴、、、って、、、  他に何かなかったのかい、って感じもあるし、時間の取り方とか、踊り方とか、作品のまとめ方とかあまいなー、雑だなぁーって思うところもありますが、なんとも自分らしい作品だなぁと感じたのでシェアします。

なぜ今、、、なのですが笑、つい最近の東日本大震災から10年のニュースを見たり、ちょうどフランスのラジオ番組で"震災から10年日本のアーティストは今"的なのを聞いたこともあり、あーそういえば自分も震災の後に作った作品あったなぁと思い出し、、、 この作品の場合、震災を直接のテーマにしたわけでも、自分自身フランスに居たこともあって震災を経験したわけでもないけれど、あの時自分なりに何かを感じて作っていたなぁという記憶があったので、なにをどう感じてこの作品を作っていたのかなぁ、今見て何か感じることはあるのかなぁと見てみようと思ったのでした。

結果、、、震災に関わらず、この作品を作る時に感じていたいろーんなことを思い出しました。意味のなさそうな細かな動きにも、身体の緊張にも、間の取り方にも自分なりの理由があったなぁ、、、と。
そして、あーこれが踊るってことだよね、と納得。

ここ最近、踊らない日々が続いていることもあり、<踊る> 実感がなさすぎて迷子になることがありました。踊らなくても日常は過ぎていくし、踊り以外にもやろうと思えばやることは見つけられる。逆に踊ろうと思えばどこででも踊れるのだろうけれど、日常的に踊ってしまう小踊りでは何か違う、、、
1年前のロックダウンから割と呑気にこの面倒臭いウィルスと付き合ってきたつもりだったけど、さすがに長く続く現状にプッツン。もしかしたらこれまでで初めて< 踊り不足 > を体感したような気がします。1月は丸っとクリエーションもあったし、最近は何年かぶりにバレエのクラスも受けたりしてるし、ぜーんぜん動いてない訳ではないけどねぇ、、、またその<踊る>とは違うんだろうねぇ。 なんだろ、何かを踊ってそこにあるものを実感することが足りないような、そんな感覚だったな。(ほわっと読み流してください、自分の頭の整理です笑。)

てな訳で笑、最初の動画と何がどうつながってどうなってるのかよく分かりませんが、踊るってなんだろ〜って考えながら、何が大事なんだろ〜って時々振り返りながら、どんな形であろうと自分にとっての< 踊る>ことを大事に続けていきたいなぁ、踊れないとおかしくなるんだろうなぁと気づいた2021年春なのでした。

もうすぐ満開。芸能の神様になむなむ。




2021年1月29日

ぼなねー

まだまだ先の読めない日々が続いておりますが、2021年あけましたねー
なんと年女。丑年です。厄年でもあります。
どうなることやら。ほっほへーーー笑。

自作の牛カード。

















こちらは2度目のロックダウン解除後も夜間外出禁止令がずーーっと続いておりますが、クリスマスの24日の夜はクリスマスディナーを2件はしごで朝まで喋り続ける楽しい夜を過ごし(24日の夜だけ夜間外出禁止が解除されてました。さすがフランス、クリスマス第一。)、ぬるーっとしっぽり年越しをしたのちに、年明けすぐから秋に初演予定の作品のクリエイションに没頭しておりました。

考える人。















前にも少し書きましたが、Franck VigrouxのForêt (森) という作品です。
タケウチ、ソロです。

まぁソロといっても、舞台装置とか衣装とか映像とか照明とか煙とか音楽とかどわーーっと要素がある中のー要素としてのダンスで、舞台上には1人しかいないからソロって話なのですが、とにかく50分〜1時間舞台上で何かしてます笑。
贅沢なこったです。

またしても傷は絶えないし、謎の虫に襲われて身体中痒いし、
ボスにイライラすることも勿論あるし笑、待ち時間が長いし、
思うようにいかないこともあって↑の写真通り舞台の真ん中で固まってることもあるけど笑、他の要素のみんなとなんやかんや言いながら作っていく過程は楽しいし、
自分の感じたことを身体に落としていくのも楽しい。
去年から踊らない日が多く続いてるからか、クリエイションの時間が特に楽しく過ぎて言ってるような気がします。

衣装さんマルゴ作業中

















そーそー、最終日にテクニカルチームの若い男の子に「アヅサは踊る時に何考えて踊ってるの?」と聞かれました。すごい単純な質問だけど、答えるのはなかなか難しかった、、、というか自分のなかでちゃんと分析したことがなかったなぁと気付かされました。
その時は、うーーむと言いながらも「自分の前に具体的な風景をイメージしてみたりしてる時もあるし、置かれた状況でこの人だったらなにがしたいかなって考えながら動いてる時もある」的なことを言ったもののその後もなんとなく、そーいえば何を考えてるんだろうなーとぼけーっと。
踊る、と言ってもいろんな場面があるし、いろんな踊りがあるから難しいけれど、、、踊りってすごく抽象的なように見えて踊ってたり作っている本人としてはものすごく具体的だったりする。具体的なイメージとかキャラクターとか感情とか状況が、内側からだったり外側からだったり身体を動かして、踊りになっていく。
"何を考えてるか"ってやっぱり難しいけど、とにかくいろーーーんなものが常に頭の中を出たり入ったり、頭と心をいったりきたりしているんだと思う。
確かにそう言われてみると、他のダンサーたちの頭の中をみてみたい。
だれかこーゆーのを分析する研究してる人いるのかなぁ。

まぁとにかく、、、
この作品は1月の創作期間でほぼほぼの作品の形は出来上がって、今の状況が緩和されていれば4月に今回も訪れたReimsという街で中間発表的な公演もある予定です。コレ:https://www.manege-reims.eu/
4月のプログラム


















その後は、完全版の初演が秋。
秋くらいには劇場も通常モードに戻っていることを祈るばかりです。

ちなみに、2月半ばに公演予定だった自作はあえなく延期、、、
こちら幻のWebページ。
せっかくパリのみんなに自分の作品をみてもらえるチャンスがきたーーーと思ったものの、コレばかりは仕方ないこったです。
いつか見てもらえる日を願って。

今は"バリア"が最優先。