2021年10月12日

マラソンデイズ。

ふーーーーーーーー
なかなかのマラソンデイズ、ここでちょいと一区切り。
8月末から続いていた怒涛の踊る日々、移動の日々、
土曜日のパリのギャラリーでのパフォーマンスでひと段落しました。

めるしー
写真;大谷さん




















この呑気な様子、、、笑。
嬉しい拍手の前で照れています。
いろんな人に見てもらえて嬉しいこっちゃでした。

今回、デザイナーの友人アリスの<Pages Blanches>というエクスポジションのオープニングパーティーで2010年に作ったソロ<Le blanc>を踊らせてもらいました。彼女がデザインした白いノートから、いろんな分野のアーティストがそれぞれに発想して創った作品を展示するというのがこの企画の趣旨なのですが、私のこの作品がまさに彼女のアイディアとぴったりだったことからこれを踊ることに。

クリエイションの一番最初に、なんで<白>を踊ろうと思ったのかは記憶にないけれど、とにかく白から連想することとか白に持つ疑問とか、白から生まれた作品。
なんじゃそりゃって話だけど笑、その時の自分には白を選ぶ理由があったのでしょうねー 面白いもんだ。

初演の時の写真。
めっちゃ怒ってる笑。靴下はいてる笑。



















今回しみじみ感じたのは、今私が踊る<Le blanc>は初演の頃のものとは同じではないこと。振りとしてはほぼ同じでも、ぜーんぜん違う。
そりゃーね、渡仏2年目の何も掴めない・自分をわかってもらえないもどかしさと、周りは敵!的な怒りをふつふつと抱えた自分と(↑の写真のように笑)、その感情はどこへやら〜の今の私では違って当たり前なのですが、実感として"あー、あの感情は遠すぎて探すにも探しにいけないなー"って感じたのは面白い発見でした。
自分の成長はもちろん嬉しいけど、あの感じの<Le blanc> そのうち誰かこーやって怒ってる子いたら、踊ってもらおうかな笑。

なんだか言いたいこと書くの難しいなぁとうだうだ書いてるうちに長くなってしまった。そしてもっとちゃんと言いたいことあったような気がするんだけどなぁ笑。

ツアーのことモリモリすぎるので、また書きます!

飛行機が2時間遅れた時。

2021年9月1日

夏過ぎた。

長らくサボりました。夏過ぎました。
いや、まだ夏かな。どうかな。
帰って来たらアパートの床に転がってた恐竜。
夏バテ。



















6,7,8月と結構忙しく踊って、それでも8月は日本に帰り、
先週からはトゥールーズでMyriam Gourfinkの新作のレジデンスをしています。
ひっさびさの古巣トゥールーズ。
相変わらず、いい街です。
なんだかんだ綺麗だし、なんだかんだ人は優しいし、なんだかんだ空気がいい。
懐かしい顔にもちらほら会えて、勿論リハーサルで身体はくたくただけど、バカンスの続きのような不思議な夏の終わりです。

やっぱり綺麗。














肝心のリハーサルは、久々に戻って来たからなのか、今回リハーサルしてるスタジオに思い入れがあるからなのか、ちょうどいろんなことが重なったタイミングだったのかなんなのか、最初の2日は感情崩壊笑。
自分なりに整理はつけられたので勝手に泣いてスッキリしたのだけど、どばどば涙があふれる人間を、そういうことあるある、と優しく見守ってくれる同僚たちには本当に感謝です。

CDC研修生時代の写真+クロエ。
この頃もよく泣いてたけど、今も泣く笑。















しかしこのトゥールーズレジデンス、私を発端に涙の連鎖が起こっていて、毎日だれか泣いている、、、、笑。まぁ9人も女が集まるとややこしいものです笑。

というわけで、2週間後にバンセンヌのお城のチャペルでお目見えするこの作品。
8人の女性ダンサーで一生懸命うごうごしています。
そのうち4時間になる予定の作品の一部だけバージョンなのですが、それだけでも1時間10分の予定。お近くの方、是非。

Structure Souffle; 直訳すと "呼吸構造"
(google先生に聞いたら爆風構造って出たけど、爆風ではないです笑。)
14,15,16 septembre 2021 à 19h
@Chapelle de Chateau de Vincennes

https://www.festival-automne.com/edition-2021/myriam-gourfink-structure-souffle
*こっちのサイトからならまだチケット取れそうですよー
https://www.atelierdeparis.org/a-l-affiche/structure-souffle/

リハーサル写真 ©️Patrick Gheleyns














そして、9月・10月はこれだけじゃなくて色々ありです。
トゥールーズ→プラハ→パリ→ベオグラード→ストラスブール→リトアニア、と、友達にこの時期にあなたみたいに旅行してる人知らない、と言われるほど移動の日々の予定です笑。
どうか何もなく、すべての公演できますように、、、、
細かい日程は、ホームページからどーぞー
https://www.azzusatakeuchi.com/dates/

ゆいちゃん家族にも会えた♡

2021年6月9日

再開。

こちらフランス、5月19日の文化施設、カフェ・レストランのテラス席の再開後、
みるみるうちに日常が戻ってきています。カフェのテラスには人がうじゃうじゃ。
私もちょうど5月19日から仕事がだだだーっと続いて、ここのところ久々に毎日スタジオ・劇場に通う日々でした。
長らくぼーっとしてた身体にはハードですが、嬉しいこっちゃ。

来週末は、2年前にパリで初演したMyriam Gourfinkの< Glissement d'infini > という4時間超低速で踊り続ける作品の再演です。
なんと初夏の南仏で、野外で踊ります。
Glissement d'infini @Festival Uzès
le 19 juin 2021 de 9h à 13h
https://www.lamaison-cdcn.fr/saison-2020-2021
先々週、5日間かけて4時間の内容の解読をしてリハーサルをしましたが、なんて作品だ、、、笑。初演の時よく3日連続で踊ったなーって感心してしまった。
リハーサル終りはもう廃人状態、、、笑。
はて、今回は野外で4時間どんな冒険できますかねー
もしもお近くの方いらっしゃったら、応援しにきてください笑。

そして先週は、今年9月に初演予定の作品< Forêt > の最後のレジデンス@ニーム。
さすがの南仏、太陽すごかった。














作品自体は既にほぼほぼ作り終えていたのですが、今回はダンス、照明、映像のそれぞれの代役チームに引き渡しの時間がメインでした。
何があっても公演ができるように、、、というボスの意向。贅沢、、、

そんな訳で、私も自分の振りを代役のダンサーに伝えるという初めての経験をしました。ちゃんと伝えられるかなーとちょっとドキドキしてましたが、伝える相手は普段から仲良くしてる日本人ダンサー・はるちゃんだったので私の言葉足らずな説明もするするっと消化してくれて「おっけー」とふたつ返事でやってくれてました笑。ありがたいこっちゃ。
伝えることで自分のしていることが明確になったし、共有することで問題点も解決できたし、あーこういう作業も面白いもんだなぁと実感。今まで基本的に自分で作って自分で踊ってることが多かったのでねー こういうのもいいもんだ。

だれかの話聞いてるはるちゃん。














そして、初めて客席から舞台上で踊るはるちゃんを見守った時は、なんの感情か分からないけど涙が出るかと思いました笑。できるかなーだいじょうぶかなー、ボスのOKでるかなーって緊張してたのもあるけど笑、なんだろー、自分が頭の中で描いていたダンスとか構図が目の前で再現されていることが嬉しかったのかなぁー 不思議な感覚だったな。
むかーしむかし、作品を作ることを始めた頃に自分の思い通りの照明プランが舞台上にできていた時にも同じような感情をもったなーってことを思い出したけど、自分にとってなにが嬉しいことなのか再認識する機会でもありました。
やっぱり何かを作るって面白い。

ソロ作品なのに大量の人々。
舞台上から見る、通し前のみんな。















だいぶ目が細くなる話になったけど笑、そんなこんなで、なーんだかんだ上手くいった1週間を経て、やっとやっとの初演は9月です。
4月にReimsで今回もNîmesで、関係者向けのプレゼンテーションはしたけれど、一般のお客さんがどんな反応をしてくれるのか楽しみじゃ。HPに年内の日程書いてありまーす。ご覧ください。こちら。

去年キャンセルになったものが今年に回っていたりなんだりで、あっちにこっちに飛び回る怒涛の秋になりそうではありますが、まぁこれも嬉しい限り。
まだまだどんなサプライズがあってもおかしくない状況ではあるけどねー どうか、このまま終息の方向に向かいますように、、、
お願い、、、