2018年7月7日

10年。

フランスに来て今年で丸っと10年。
そして、昨日は父が亡くなってから丸っと10年記念日でした。

弟から送られてきた、とんかつ写真。
我が家の"命日には本人が好きだったものを食べる" 習慣により、
弟はとんかつを食べたらしい。ちなみに私はカレーラーメン。


















あっという間だなーってのと、色々してきたなーってのの両方。

正直10年前のあの日は、メロンパンを食べたことと、祖母にキレたこと、幼馴染の家に電話したことくらいしか覚えてないのだけど、そこからの日々を考えると、いろんな人と出会ったし、いろんなところに行ったし、いろんな事をしてきた。
考えれば考えるほど、おーおーおーおーいろんな風景でてくるなーーー、と。
その風景たちを思い浮かべて、ニヤニヤ、うきうき、とぼとぼ、できる。
10年ってやっぱり、長いんだ。

そんな中、軽く30年の付き合いにはなるであろう< おじさんおばさんズ > が、
我が母と共にわいわいがやがやパリにやってきたこの6月。
眠い目こすりながらエッフェル塔のキラキラ待ち。














少なくとも年に1回は海外旅行をする!と、旅行先で病気になろうと、レンタカーのタイヤがパンクしようと、スリに遭おうとへこたれず旅行している彼ら。
案内・観光・買い物…と、同時期に自分のリハーサルもあったのでずーっと付き合ってたわけではないけれど、あれもこれもこれもあれも…と見たいもの・やりたいことがいっぱいある割にどーも動きが鈍い。
あーそっか、この人たちも10歳歳をとったんだ…!

って当たり前のことだけど、長い付き合いだからこそなのかもしれない、どこかで止まっている"その人"の記憶をなんとなーく"その人"の今にしてしまっていると気づく。それは父に関しても同じで、私の中での父の記憶は10年前のままで止まっているのに、なんとなーく周りをふらふらうろついてるような気がする"その人"は、そのままの姿で今の父として私の感覚の中にいる。

現実と非現実、記憶と想像。
なんだか難しいことになっちゃったけど、コレ最近考えたこと。

ふはー、言葉にするの難しかった。
(おじさんおばさんズ、コレを説明したいが為に歳をとったと言ってすまん。)

そして、このブログを書きながらびっくりするほど涙がぽろぽろ。
自分の中で<死>の記憶は、それほど哀しい記憶ではないと思っているけれど、
やっぱり誰かとの記憶を掘り起こす時の、哀しいでもなく苦しいでもなく心をぐわーっとされる感じは、一生説明できないだろな。
ヒトってスゴイ。

あっそうそう、数日前に踊った< emotional intelligence > は、なんとなーくそんな感じとのことが言いたい作品でもあるのかもしれない。自分にも分からない、説明できない感情はどうしてもあって、説明できなくても体や顔を通してどうしても表面にでる。そして、それを人は察知できるし、共有できるんじゃないかな、と。

モンペリエで撮ってもらった写真
ⒸAlain Scherer














あっちにこっちに、最近あったことと考えてたことを書いたけど、
こうやって日常に起こること、経験したことを考えて、関連づけて、おもしろいなーって思って、作品にして、踊って。
10年前からすると、こんなことして生きている…とびっくりのような、そうでもないような、そんな事をしながら生きている。でもそれが楽しいし、好きなのだし、たまにはきついけど面白いし、しっくりくる。
もう、こうとなったらここに辿りつけたことに感謝あるのみです。

きっと我が父には理解不能だったダンスの世界。
それでも「分からないなー」と言いながら、無駄に目立つ赤いポロシャツを着て、笑顔で舞台を見に来ては寝てたんだろうなー笑。

亡くなるよりはだいぶ前だけど、家族写真の一枚。
お得意の、赤いシャツ着用済。


2018年7月3日

モンペリエの夜。

暇…笑。

明日の公演の為に昨日からモンペリエに来ております。
自作自演のソロ作品のため、ひとり。
1日中リハーサルして、一応ゲネをやって写真撮ってもらって満足して、帰って来てシャワー浴びてご飯食べて、少し音楽手直しして、でもまだ21時。

ひーーーーーまーーーー
だけど、こんな時間もいいな、と思いブログを書き始めました。

今回は1年半ぶりの < emotional intelligence >。
この作品ずっと再演したいなーと思っていたのですが、なかなか場所が見つからず、今回なんとなーく応募したフェスティバルに呼んでいただけました。

実はフランス、意外とこういう若手にチャンスを与えてくれる場が多くない。
コンペティションみたいのもあまりないし、自主公演としてやるっていうのも主流ではなく、若手発掘の王道のルートに乗らないと(〇〇フェスティバルの〇〇さんに気に入られる…とか、有名カンパニーで踊って来たゴールデン経歴があるとか )、振付家として作品を発表するのはなかなか難しいのです。

そんな状況での、今回の招待は本当にありがたいチャンス。
なーのですが、問題はお客さんがくるか。平日の昼間ですけど…笑。
まぁでもMonpellier Danseという大きなフェスティバルと同時にやっているフェスティバルなので… あわよくば…のお客さん、来ーないーかなーーー
と、そんなことばっかり気になる公演前夜です笑。

あっ、そうだ。
自作といえば、、、
新作 < kara-da-kara / カラダカラ > がトゥールーズのThéâtre Garonneの来シーズンのプログラムにちゃっかりと入り込みました。ででんっ!
http://www.theatregaronne.com/spectacle/2018-2019/kara-da-kara
名だたる作家が立ち並ぶプログラムの中に、Azusa Takeuchi。
http://www.theatregaronne.com/saison
このプログラムを見て、急に恐怖を覚えました笑。
が、嬉しいし、楽しみだし、恐ろしいし、ワクワクです。

↑上で、若手にチャンスがない…とぶーぶー書きましたが、
今年はいろーんなところでチャンスを頂けています。
フランスに来て丸っと10年。
時と共に、いろーんな形で助けてくれる人々が周りにザクザク居てくれていることに感謝です。

来年1月!!!
トゥールーズ行ってみたいなぁと思ってたりする方々、是非遠方まで笑。

あーーーーあーあーあー、写真がない。
写真を載せるのがちょいとめんどくさい。
ので、この度写真なし。

また近々書きまーーーす。

2018年6月1日

Pages Blanches x Le blanc

ブログを書かずにいる間、
日本→バルセロナ→ペルピニャン→引越→中学校
(これだけだと、訳わかりませんが…笑。)
と、ぬーーーんと書くことが溜まりに溜まっておりますが、
ここはシンプルにバルセロナ!!!
から書こうかと。

というのも、バルセロナ関連でお知らせ・お見せしたいモノが… ふふふ。

まず、その1。
バルセロナで踊った動画ができました。
(5分ごとくらいに宣伝が入るのが欠点ですが、どうぞ〜)




今回バルセロナでの目的は、デザイナーの友人・アリスの展示 < Pages Blanches > とのコラボレーション。 この < Pages Blanches >  (白いページ=何も書かれていないページ ) は、彼女が選び抜いた質の違う真っ白な紙を使って作られたノートを、様々な分野のアーティストや研究者に渡し、それぞれが思い思いに使うというシンプルでいて幅の広いプロジェクト。



私もその中のひとりとして参加させてもらっていて、実は3月に日本でじょこぴーと作った作品はこのノートの企画と連携していたりもするのです。
これも色々書きたきことがあるけれど…

参考までに、、、
展示用に書いた説明文とちょろり写真;
今回私は、このノート”Pages Blanches” をクリエイションの道具として使うことにした。
ダンス作品をつくるとき、ダンサーも振付家もノートを使う。振付を言葉やデッサンで書き留めたり、感じた事・思った事を書き残したりする。自分なりの方法で、自分のために。
今回私が試したのは、振付家とダンサーでノートを共有すること。
やってほしいこと・やりたいことを相手に正確に伝える為に、書き残す。
伝える為の手段としてノートを使い、作品を作りあげていく。
3月に東京で初演した作品<えもーしょなる・いんてりじぇんす>の創作過程で、振付家・竹内とダンサー・城とのやりとりで使用しているノートを公開する。

私のノートの何ページか。


















とまぁ、こんな感じ。

でで、今回はその一環で踊ることに。
現地に着くまでは、ぜーんぜん違うことをやるつもりだったのだけど、着いて空間を見て、他の方々の展示されたノートを見て、チェーーーンジ!

私のソロ1作目でもある「Le blanc」を踊ってきました。

いやー、幸せな1週間だった。
朝ギャラリー開けて、スペイン特有のシエスタ時間(1pm-5pm)にリハーサルをし、5時には終わって海に行く。夜は美味しいものをたらふく食べて、ささっと寝る笑。

海の幸タパス+クララ(甘いビール)
そういえば、これ誕生日の夜。アリスと。















一週間滞在して、場所に合わせてじっくり作品を作り直していけたのも凄く良い時間でした。今回滞在したLa placeというギャラリーは、アーティストの滞在制作が可能なようにギャラリーの2階を居住空間にしている贅沢な空間。
ダンスに特化した空間ではないけれど、やっぱりその場に合わせて作品を作ることは、空間に左右されるダンス作品には大事なことなんだな、と実感しました。

そして勿論、パフォーマンスも面白かった。
上の動画は別日に撮影したもので、お客さんの感じが伝わりにくいかもしれないけれど、道ゆく人がわさわさ集まり、犬が吠え、みんなが写真を撮りまくる。劇場では味わえないドキドキと作品としての緊張感が、この作品にはぴったりだったのかな、と8年越しの嬉しい発見も。そしてやっぱり、踊りながら自分が誰だか分からなくなれるこの作品を踊るのは好きでした。

お客さんが撮ってくれた写真。


パフォーマンス後、ギャラリーオーナーからの嬉しいお花。





























それからそれから、お知らせ2。
今回呼んでくれたギャラリーオーナー・アンヌ フランスが凄く喜んでくれて、来週6月7日ギャラリーの5周年企画でパフォーマンスの動画をプロジェクションしてくれるようです。

6月7日(木) もしもバルセロナにいらっしゃったら、是非。


































それから、もう一つ。
すでに今日から始まっているのですが、アリスのプロジェクト< Pages Blanches >がパリで催されているLa biennale 1.618 に参加しています。いまいち、どういう催し物なのか分かってないのですが笑、お近くの方、是非。
6月1日〜3日 @ Carreau du temple
https://www.1618-paris.com/

思ったより、長くなったな。
書きたいこといっぱいあった。
一つのことがひとつで終わらないこの状況が凄く嬉しいな、と。
色んなつながりに感謝です。

33歳、頑張りどきです。はっははー