2019年12月25日

あっという間に年末じゃ

なんだかブログからだーいぶ遠ざかってしまっておりました。
一度書きたいなと思ったことを書きそびれると、そのままダラダラ遠のく遠のく、、、すっかりうっかりの年の瀬です。
そんな訳で、ちょうど年末だし、フランスはかれこれ3週間続くストライキで家にいることも多いし、あちこちからぽろぽろとそろそろブログ書いてーと言われることもあったので、久々に書いてみます。
読んでくれる方々には感謝あるのみです。アリガトウ。

ブリュッセルのマグリット美術館で見た青空。
冬のパリに青空募集中。





てな訳で、この数ヶ月何をしていたかというと、、、
ー オランジュリー美術館でパフォーマンス
30分超低速ダンス。<Glissement> de Myriam Gourfink














ー自作「kara-da-kara」をベルギーのシャルロワで踊る。
リハーサル中。変な格好で、なんだか嬉しそうな私。














ーダチョウクラ部、エクサンプロヴァンスでデビューを果たす。
(正しくは、太鼓のコンサートの中で踊りました笑。)
ヤーーー













と、まぁダンスの方はぼちぼちぼーちぼち。
オランジュリーでのパフォーマンスは、コンクリートの床の上での超低速は震えが止まらず散々でしたが、あの絵の中で踊れる事がとても嬉しかったし、シャルロワでの自作の再演もトゥールーズでの初演から9ヶ月越しというのもあって正直ドギマギキリキリしたけれど、本番は楽しかったし、嬉しかった。
フェスティバル・ドートンヌにシャルロワダンス。
フランスに来たばかりの自分からは考えられない場で踊る機会がこうもさらっとやって来てくれた事に、こんな時ばかりは神様仏様に感謝します。
2008年、初めてオランジュリー美術館に行った時。
with 母。2人ともやはり若い。
















しかーししかし、人生神様仏様に感謝すればいいものでもなく、自分の作品を再演する、回していくってどんなに大変なことか、思い知らされ中の現在です。
今現在、私は自分のカンパニーは持っておらず、<kara-da-kara>はトゥールーズのThéâtre TATTOOという演劇のカンパニーが製作する作品として作品を回し、事務的な処理は初演をした劇場に一部委託、大体のやりとりは自分、、、という状況。
まだ全てを自分でやらなくて良い環境はありがたいのですが、それでもやること大量、ちんぷんかんぷん笑。お金のこと、テクニックのこと、売り込み、いろんな劇場とのやりとり、、、もちろんダンサーとしてやるべきこと、、、シャルロワでの公演の前も、ぬわーーーーーっとなっておりました。
いやー自分でカンパニーを何十年も回してる人々、本当に凄いです。

Charleroi Danseの前の看板。
2019の右横にうっすら私居ます。















そして公演を終えた後も、精算の件でごちゃごちゃわちゃわちゃ、、、最近やっとシャルロワの件がひと段落し、3月のセナールとエクサンプロバンスでの公演に向けて準備を始める今。もちろん次から次へと問題が起こる。なーぜーーーー笑。

まぁそれでも、こうしていろんな土地でこの作品をたくさんの人に見てもらえることは嬉しいこった。シャルロワでは、ベルギーの友達の顔もちらほらあったり、観客の中にいたちびっこたちがいくつかのシーンの真似をして踊ってくれたりしたのもとても嬉しかったし、そして何より、私の作品の活動を支えてくれている2人( TATOOのムラダンと、シャルロワのディレクターのアニー)がその場にいて、改めてこの作品を見て笑顔でいてくれたことはなんだかジーンとしました。
ムラダンとアニー、公演後の一杯。














正直ぬはーーーーとなりすぎて、次の作品を作る、、、とかこの作品の売り込みどうにか頑張ろう、、、とか、どうでもよくなる時もあるのですが、支えてくれる人々がいること、自分の作品から何かを感じ取ってくれる人々がいることを喜びに、マイペースにでも進めていけたらなーと思っております。

なんだか思ったより、感謝と今後の抱負を述べるブログになりました笑。
年末ですからねー
2020年もあと1週間始まっちゃいますからねー
そして、なんと今日はクリスマスですよー

めりーくりすますー、そしてよい年末を。
今年見たサンタ、NO.1@スコットランド




2019年9月20日

ナツ →→→ アキ

パリ→フランスの田舎→ブダペスト→東京→宇都宮→東京→名古屋→茅ヶ崎→下関→仙台→東京→宇都宮→新潟→宇都宮→パリ→フランスの海→パリ
という、気が狂ったように移動した今年の夏。

正直夜中にどこに寝てるのか分からなくなったりする時期もありましたが笑、
関東圏外の長らく会えてなかった友達にも会え、


たぶん5,6年ぶりの再会
with まなみさん+ゆあちゃん@仙台
大人を出し抜いて、可愛いポーズ決める6歳。さすが。






















状況がわけわからないけど、
我がおしゃべり友達まいちゃん@名古屋





















祖母・叔母孝行もし、
全然似てない似顔絵笑














墓参りもし、
どーした訳か、墓に似合わないヒト。


















割と多くの時間を家族と過ごし、
父の故郷・ニイガタ














今年の夏もお腹いっぱい。
やっぱり夏は好きな季節です。暑いけど。


そしてこの秋は、、、
嬉しきことに大きなフェスティバルでどどんっと踊る機会アリ。
フランスに来てから何本作品見たかなーってくらい通いに通っているFestival d'automneと、ベルギーのダンスシーンで有名なシャルロワダンスのビエンナーレ。
どちらも大きなフェスティバルだし、
個人的には、え?まじで?私?踊る?って感じですが笑、
ワクワクとドキドキとがずほーーーーんと入り混じって楽しみしかない現状です。

Festival d'automneでは、モネの睡蓮で有名なオランジュリー美術館で、Myriam Gourfinkの < Glissements > という作品を、
https://www.festival-automne.com/edition-2019/myriam-gourfink-glissements




Biennale de Charleroi Danseでは、自作のソロ< kara-da-kara >を踊ります。
https://www.charleroi-danse.be/evenement/kara-da-kara/
右のカタログはまた別の劇場のモノだけど笑。


















4月にポンピドゥーセンターで踊った4時間作品の30分バージョンと、
1月にトゥールーズのThéâtre Garonneで初演した我が新作。
数ヶ月の時を経て、またどーやって楽しめるかを捜索中。

そんなタイミングで我らが監督ムラダン(演出家)から電話でいい言葉。
「結果じゃなくて、経過を大事にしたほうがいい」
たーしーーかーにーーーー、ってすんっと納得できる言葉でした。
前に踊った時の結果だけをなぞるのじゃなくて、今の自分がまた経過を味わう。
9ヶ月越しの再演で、ぬおー、初演の時のあの感覚で踊れるのかなーと少し不安になっていた私を見抜いてる。さすがです、監督。
監督ムラダンとの音楽作ってくれた山口くん















てなわけで、フェスティバルの秋。
Glissementsの方は既にチケット完売してしまっているのですが、
ベルギーの方はまだあるはずです。お近くの方ぜひぜひ。
頑張りマーーーーーーーーース。

kara-da-kara ⓒ Pierre Ricci


2019年8月26日

だんす

ある番組を見て思うところがあったので、覚書。

大雑把には、"ダンスっていいなー"ってやつです笑。
(この度は完全にダンスの話です。夏休みの遊びっぷりはまた書きます。)

フランスの公共放送の番組で、Abou Lagraaという振付家を取り上げた番組。
フランスの人は後何日かならこのリンクから見れるかな。
https://www.france.tv/france-3/l-heure-d/
番組自体は、彼のクリエイションを追うドキュメンタリー。
フェイスブックで友人がシェアしていたので、ふと見始たのですが、んーーーなんだろう、そうそうダンスをやっていて面白いことってやっぱりそこだよな、って。
↑これだけだと、本当に訳わからないに違いないのですが、、、笑

番組の中での彼の言葉 "trouver un état de danse" (= ダンスの"状態"を探す )
少し続けると、
"Trouver un état de danse même quand on fait une arabesque ou une attitude, c'est un état, comment on entre en tant que danseur sur plateau. " (= アラベスクやアチチュードなどをしてる時もダンスの"状態"を探して。ダンサーとしてどうやって舞台に入るか) * アラベスク&アチチュード=バレエの型・動き

本当に初歩的なことだけど、本当に大事なことだと思う。
運動としてのダンスとホンモノのダンスの違いはやっぱりそこなのかな、と。
ダンスを始める時、どうしてもまずは技術としての上達が望まれる。何回回れる、とかどんだけ飛べるーとか、こんなテクニックができるーとか。
もちろんそれも大事だし、まずはそれらのベースである動きができるのはダンスの幅を広げる意味では大事なことだけど、"踊る"とはそれだけじゃない。

そして、この言葉の後に出てくる1人のダンサーのダンスに涙ポロポロ。
たぶん元々ある振付のなかで "état"(状態)を探して踊るという指示があったのだと思うのだけれど、それまでの映像の中でみるダンスとは全然違う。
踊り終わってそのダンサー号泣・振付家涙、、、
人が心を動かされるってそーゆーことだよな、
やっぱりこれがダンスだよなーーーーって嬉しい再確認でした。
とはいえ、この振付家も涙を流しながらも言っていたけど、、、
常に感情的になればいいって話ではない。
感情的に踊る、とか、入り込むとかじゃなくて、その動きの中にあるものを探す。
いい番組が見れた。満足。

ちょうど夏のバカンスに入る前に参加していたワークショップでも似たようなことを感じる機会があったのに、夏休みで飛び回って遊びまわってるうちにうっかり忘れるところだった。ダンスに心動かされるって実際すごくレアなことだけど、夏を挟んで"ダンスっていいなー"って思える、思い直せる何かに出会えてよかった。

WSでの一瞬@vatan